コレステロールが気になる人が摂るべき食事とは

血中コレステロールは少なければ少ないほどいいと考えている方もいますが、もともとコレステロールは身体に欠かせない物質です。細胞膜をつくる時や、ホルモンや胆汁酸を体内で生成する時には、コレステロールを消費します。悪玉コレステロールは、血液中にたくさんあると体にとって良くないので、減らさなければいけないといいます。コレステロールは様々な食品に存在しており、肉や卵にはたくさん含まれています。健康診断などで、コレステロールの高さを指摘されている人は、食事内容にも注意が必要です。コレステロールの多くは、体の中で生成されています。食事で得たコレステロールを多い時は、体内で生成されるコレステロールが減らされます。どのみち体内で生成されるのなら、食事で摂取するコレステロールが多かろうと、少なかろうと、どちらでもいいという意見も存在します。コレステロールを減らすことばかりを考えていると、結果的に栄養に偏りが出る可能性があります。人間の身体は色々な栄養を消費しながら生きていますので、コレステロールの摂取量だけで献立を決めるわけにはいきません。全体のつり合いがとれていることを重視して、脂質を極端に減らすような食事にはならないようにしましょう。コレステロールを食事で下げたいと考えている人は、オリーブオイルなど、オレイン酸を多く含有する食材を摂って、悪玉コレステロールを減らすようにします。血液中のコレステロールを減らしたい人は、食事内容や、食材の選択に気を配ることが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です